仙台トヨペットのホームページは、リニューアルいたしました。TOPへ戻ります


蝶の展示室 「パピヨン」


大自然の至宝を公開

ご覧になりたい蝶をクリックして下さい。


 亀井会長が、世界中で収集した蝶は4千種、16千頭にも のぼります。この財産を地域の方々にも楽しんでいただくた めに本社屋に蝶展示室「パピヨン」を開設しました。
 2つの展示室に、標本の展示だけでなく、音響と映像を多 用した空間をつくりあげ、自由に見学、利用できるようにし ています。



亀井文蔵<かめい・ぶんぞう>

 大正13年宮城県塩釜市生まれ。東北帝大工学部卒。 昭和27年亀井商店(現カメイ)入社。53年代表取締役社長。 平成5年代表取締役会長。仙台トヨペット代表取締役会長、宮城 テレビ代表取締役会長、 ニュージーランド名誉領事なども務める。 平成2年藍綬褒章受賞。平成7年勲三等旭日中綬章授賞。日本鱗 し学会前東北地区評議員。


・・・ごあいさつ・・・


蝶のギャラリー「パピヨン」へようこそ。

 −蝶に魅せられて半世紀−

 私は中学時代、虫カゴと捕虫網を手に一日中、野山を駆け回っている少年でした。 生まれ育った塩釜の山々には蝶が多く、その種類によって習性が違うことなどを 知るようになり、蝶の魅力に引き込まれていきました。
 現在も休日には蝶を追って近くの山野を散策し、帰宅すると採集した蝶の標本づくりに 励んでいます。海外にも蝶を求めて度々出掛けました。東南アジアのジャングルは蝶の宝庫ですがマラリア、虎、ヒルなどの危険もあり、何度か怖い思いもしました。そんな中で 憧れの蝶を採集できた時の感激は忘れられません。
 ”杜の都”仙台は大都市には珍しく緑の多い街ですが、最近は周辺の自然環境が悪化して動植物にとって好ましくない状況になっています。豊かな自然の恵みは私たちの生活になくてはならないものであることを見つめ直していきたいものです。
 ここに展示された蝶が、お子さんたちが自然に親しむための第一歩となり動植物や昆虫を守り育てる一助になれば幸いと存じます。

                     亀井 文蔵